Menu

ウレタン樹脂とファインセラミックスによる強靭な塗膜
抜群の耐久性と堅さを兼ね備えたテーブル用トップコート

特長

1

対汚染性

メンテナンスいらずのセラウッド塗装

日常使われる食品や洗剤、薬品等はもとより、強アルカリ洗剤やマジックなどの塗装面を犯しやすかった薬剤でも高架橋のウレタンとファインセラミックスの効果で内部に浸透することなく、除去することが可能です。

塗膜面が緻密で、汚れが浸透しにくく、製品そのものが汚染されません

台所用品・食品・溶剤などを滴下し、常温にて時計皿で24時間被覆させた後、ふきんを使用して水洗いし被膜表面の状態を調べました。(油性マジック・接着剤及びクレヨンについては溶剤で拭き取り、被膜の状態を調べました。)

汚染試験結果

  セラウッド塗装 通常のウレタン塗装   セラウッド塗装 通常のウレタン塗装
醤油 食紅
ソース 接着剤 汚染有り
マヨネーズ 僅かに艶変化有り 除光液 僅かに汚染
ケチャップ 25%水酸化ナトリウム 汚染有り
ドレッシング マジックリン 僅かに汚染
ママレモン
カレー粉 僅かに汚染 ドメスト 汚染有り
食用油 僅かに艶変化有り 青色インキ 汚染有り
コーヒー 黒マジック
赤マジック 汚染有り

セラウッド塗装

通常のウレタン塗装

特長

2

耐熱性

メンテナンスいらずのセラウッド塗装

セラウッドは高架橋のウレタンとファインセラミックスの効果により、従来のウレタン塗料に比較し2倍以上の熱にも耐えることが出来ます。(製造社比)沸騰水が入ったやかん等を直接置いてもセラウッドの被膜は熱の影響を殆ど受けません。

熱に強く、高温にも耐えられます

白メラミン板上に各塗料を塗布し、熱したシリコンオイルを注いだ金属シャーレを直接置き、20分放置後、塗膜の状態を確認しました。

耐熱試験結果

シリコンオイル温度(℃) セラウッド塗装 通常のウレタン塗装
60℃
80℃
100℃ 僅かに痕跡有り
120℃ 僅かに痕跡有り
150℃ 痕跡有り
200℃ 痕跡有り

セラウッド塗装

通常のウレタン塗装

※「セラウッド塗装」は、単独では200℃の高温でも耐えることを示しています。
  但し木材に塗装した場合は基材自体が熱により変形する場合がありますのでご注意下さい。

耐汚染性・耐熱性、どちらも優れているので、高温での汚れにも強い

ウレタンエナメル上に各塗料を塗布し、各温度下で黒マジックにて汚染し、同温度下で2時間放置後、トルエンにて拭き取り、その後の状況を確認しました。

セラウッド塗装

通常のウレタン塗装

特長

3

耐候性

メンテナンスいらずのセラウッド塗装

セラウッドは特殊な紫外線遮断構造により、紫外線の吸収範囲も広いため、トップコートとして塗装することにより、基材から中塗りに至るまで商品全体を紫外線による劣化から守ります。

塗膜だけではなく、機材自体を紫外線から守ります

促進耐候性試験(サンシャインウェザオメーター)

セラウッド塗装

通常のウレタン塗装

促進耐候性試験(サンシャインウェザオメーター)

強敵、「紫外線」から天板を守ります。

紫外線は、肌を日焼けさせてしまうのと同じように天板をも日焼けさせ、表面をボロボロにしてしまいます。強靭な耐候性を持つ「セラウッド塗装」は、特殊な紫外線遮断構造により天板を紫外線による劣化から守ってくれます。

セラウッド塗装

通常のウレタン塗装

セラウッド塗装を施した天板です。セラウッド塗装は耐候性に優れている為、日焼け(紫外線)による天板の変色や劣化はほとんど見られません。

通常のウレタン塗装の例です。長時間、直射日光に当たっていたことより、中央の日陰になっていた部分意外は、変色を起こしてしまっています。

特長

4

環境対応

メンテナンスいらずのセラウッド塗装

セラウッド塗装は環境にも配慮しており、ホルムアルデヒドをはじめとする厚生労働省が策定しているシックハウスの要因物質は一切配合していないため、インテリアの塗装にも安心してご使用いただけます。

シックハウス要員物質をカット F☆☆☆☆取得

厚生労働省 第7回スックハウス問題に関する検討会で平成13年7月5日に策定された13物質は一切配合しておりません

「F☆☆☆☆」とは、板材のホルムアルデヒド放散量の区分を示す基準のことです。日本農林規格(JAS)や、日本工業規格(JIS)が定めた物で、「F☆」から、「F☆☆☆☆」まで4段階あり、もっとも厳しい「F☆☆☆☆」で放散量の平均値が0.3mg/l以下、最大値が0.4mg/l以下となります。


各シリーズのテーブルにより塗装方法が異なります。セラウッド塗装とオイル塗装の違いについて、
「色・艶」「手触り」「成分」「お手入れ・メンテナンス」「メリット・デメリット」の観点から塗装方法を比べてみました。

セラウッド塗装
オイル塗装

ナチュラル(クリア仕上げ)、ブラウン(着色)の2色。つや消し仕上げ。

色・艶

艶感をおさえ木の表情や手触りを損なわず、手触りを引き出しつつ、木の温もりを感じられる塗装です。従来のウレタン塗装の弱点を克服した、画期的な塗装方法です。

ナチュラル(クリア仕上げ)、ブラウン(着色)の2色。つや消し仕上げ。

手触り

ナチュラル(クリア仕上げ)、ウォルナット(着色)の2色。最終工程にウッドワックスを塗布。

ウレタン樹脂に超微粒子ファインセラミックスを配合した抜群の耐久性。シックハウス症候群の原因となる物質を含んでいない、「Fフォースター(F☆☆☆☆)」(※)を取得した、人体に害のない塗料です。

成分

植物(ヒマワリ・アザミ)などから抽出した天然成分オイルですので、敏感肌、化学物質過敏症などの方にも安心してお使いいただけます。

普段は絞った布巾でサッと拭くだけで大丈夫、変色・輪染みの心配が無いので定期的なメンテナンスも必要ありません。無垢のテーブルであることを意識しないでお使いいただけます。

お手入れ・メンテナンス

普段のお手入れは、テーブルを使用後は絞ったふきんで拭き取るだけ。1年に1〜2度のメンテナンスとして、ワックスなどを塗るといつまでも綺麗なテーブルをお使いいただけます。

今までのウレタン塗装よりはるかに水・熱・紫外線による変色に強いく、熱いものを置いても輪染みが出来にくく、汚れを気にすることなくテーブルをお使いいただけます。 ただ、傷・凹みなどが出来た場合はご自身で補修することがむずかしく、補修ペンなどで傷を目立たなくすることは出来ますが、跡は残ります。

メリット・デメリット

含浸性ですので、塗膜が薄く木の手触りがある。そのため、輪染みなども付きやすいのですが、ウッドワックスを施すことにより、飛躍的に輪染み・汚れに強くしています。 傷・輪染みが出来た場合は紙やすりで研磨し、ワックスを塗るだけでご自身で簡単にメンテナンスが行えます。

使用シリーズ

無垢材の製品の場合、どのような塗装を施してもメリット・デメリットがございます。
また、ガラスのテーブルであっても、石のテーブルであっても傷は付きます。
充分ご理解の上、上記の塗装方法の違いをご理解いただきご注文いただけましたら幸いです。

Contents

デザイナー紹介
植林活動 桜ライン311
お客様の声
工場見学
制作風景
取り組みと志
ページの先頭へ